【第20回日本統合医療学会について】

皆さんこんにちは、国際統合リハビリテーション協会の森本義朗です。

 

今年は第20回日本統合医療学会@仙台にてパネルディスカッションに登壇いたします。

 

演題名は

「先端技術と統合医療~先端技術は医療者の技術を奪うか? 」

です。

 

医療従事者はAIとの共存ができるのか、についてを各職種がプレゼンしていくような形になるわけですが、所謂リハビリテーション職種代表で、私が登壇することになったわけです。

 

さて、オックスフォード大学のオズボーンの研究は皆さんもご存知かと思います。

 

47%もの仕事がAIに取って代わられる、というあの研究ですね。

 

医療職もまた、取って代わられる職種がちらほらありました。

 

その中でリハビリテーション職種はどうだったでしょうか。

 

筆頭に残ると挙げられたのは作業療法士(OT)ですね。

 

そしてその次に挙げられたのは日本でいう言語聴覚士(ST)です。

 

ええと、以上です。。

 

このあたりは追求しませんが、AIとの共存を考えるとそうなる、という研究だったわけです。

 

日本においても人口減少という、過去に3度しかない未曾有の事態。

 

その過去三回も参考にならない超高齢社会をむかえています。

 

一年に97万人が減少しています。

 

100万人都市が一年でパッとなくなるような事態です。

 

大変な事態です。

 

時代背景的にもAIとの共存は必須と言えるわけですが、47%も取って代わられると聞くと、ぞっとする方も出てくるのではないでしょうか。

 

このあたり、私には私の私見もありますので、その辺りを他職種の方にぶつけようと思っています。結論から言うと、私は共存できると確信しています。

 

さて、登壇メンバーは日本を代表する方々ばかりで、今から恐縮しておりますが、リハビリテーション職種を代表して、恥ずかしくないプレゼンをしようと思っています。

 

皆様も是非、仙台に足を運んでいただけたらと思います。

 

参加登録方法詳細はコチラ

10月末で事前参加登録は締切ですのでお早めにどうぞ。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

国際統合リハビリテーション協会

会長 森本 義朗

 

 

【ララクリニックで働いてみませんか?】

週一のパートから正社員まで募集、IAIRで磨いた腕を今こそ見せる時!

morimoto_yoshiro●iairjapan.jp【●を@に変えて送ってください】まで

ララクリニック詳細:http://rara-clinic.com

体質改善プログラム詳細:http://rara-clinic.com/menu/program/

クリニック森本詳細:http://rara-clinic.com/about_us/morimoto/

IAIRからの条件

・A-class Therapist(旧Basic 3)修了者以上

・新しいことに対して意欲がある方(IAIR側でも採用時の面接を設けます)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA