人生を変えた4年前のあの決断!

スタッフ紹介、第4弾は「松井博紀」です。

以下、松井の今までのセラピストとしての歴史です。

 

 

皆さまこんにちは。

 

IAIR東海支部のCaptain松井です。

 

今日は僕の自己紹介とIAIRとの出会いについて書いていきます。

 

僕がIAIR(当時IRA)と出会ったのは約4年前の事です。

 

その当時、僕は整形外科クリニックで勤務しており、外来を中心に臨床を行っていました。

 

就職当初は、そこそこ自身もあり、何の不安も抱いていませんでした。

 

様々な研修にも行っていましたしね。

 

しかし現実はそんな甘くはなく、結果は出せないわ、患者様には「なんかよくなった気がする」と気を使わせるわ、2回目以降は来なくなるわで。。。

 

しかも結果が出せていない理由や来なくなってしまう理由は患者様にあると自分に言い聞かせていました。

 

さらに、自分の信頼が落ちるのを恐れ、病院の信頼を落とすのを恐れ、次回は来てくれるだろうかという不安に押しつぶされそうになりながら毎日を送っていたんです。

 

そのくせ、独立したいという漠然とした思いも持っていました。

 

今思うと、その時は何となく独立がカッコいいとか思っていただけなのかもしれません。

 

そんな時、SNSを通して知ったのがIAIRだったんです。

 

ホームページを見た瞬間、「この協会で学ぼう」と即決し、いきなり認定セミナー(しかもまとめ払いで)に参加しました(笑)

 

その時は、ここで学べば間違いなく変われるという確信があったのを覚えています。

 

僕にとって4年前のこの決断が全ての始まりです。

 

結果IAIRでの学びは非常に楽しいものでした。

 

人を見るということ。

 

体の繋がりを知ること。

 

患者様との接し方を学ぶこと。

 

そしてリハビリ専門職としての在り方、将来を見据えた視点を学ぶこと。

 

技術はもちろん、講師の話や志を高く持った受講生さんとの会話など、受講している時間、そしてその空間全てが有意義なものだったんです。

 

当然臨床はがらりと変わり、自信を持って取り組めるようになりましたし、ドクターからも信頼して仕事を任せてもらえるようになりました。

 

そして、学びを深めていく中で様々な思いから介護分野に興味を抱き、株式会社Bambrootを設立、現在は地元で通所介護施設を経営しています。

 

地域全体をというわけにはいかないですが、『最幸の人生を歩み切る』をテーマに、通ってくださる利用者様にIAIRの技術と視点を活かしたサービス提供を行っています。

 

毎日が充実してますよ!考えることだらけで大変ですが(笑)

 

今思えば、4年前のあの決断が今の僕の人生を構築したんだと思います。

 

今受講してくださっている受講生さんたちも、様々な思いを抱き、決断してIAIRに通ってくださっていると思います。

 

そんな皆様には是非、『あの時の決断は間違ってなかった』、そう思ってもらいたいですし、僕自身もその為にIAIRの認定インストラクターとして、活動させていただいております。

 

そして同じように悩みを抱えたセラピストがいるのであれば、声をかけてあげてください。

 

IAIRに関わったことで、“患者様(利用者様)を幸せにできる”、そして“自分自身が幸せになれる”、そんなセラピストが増えることを願っております。

 

というわけで“4年前のあの決断”を下した自分を褒めつつ今日はこの辺で失礼いたします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

IAIR東海 認定インストラクター  松井 博紀(Captain松井)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA